気道に影響を与える慢性肺疾患である喘息は、すべての年齢の人々に発生する可能性があります。 場合によっては、喘息の症状は軽度であり、喘息治療薬で十分に管理されます。 他の人にとっては、症状はより深刻であり、日常生活や仕事に衰弱させる影響を与える可能性があります。 喘息やその他のアトピー性皮膚炎は家族内で発生する可能性があります。つまり、喘息の家族歴がある場合は、喘息を発症するリスクが高くなります。

この気管支の状態を治療する方法はありませんが、最新の治療法で効果的に管理することができ、喘息の原因についての研究が続けられています。

喘息が遺伝的であるか環境的であるか、そして喘息が家族で発生する可能性があるという考えに真実があるかどうかを発見するために読んでください。

喘息は遺伝的ですか?

喘息の原因について知りたいのは当然です。 これは複雑な病気であり、正確な原因はまだ不明ですが、研究により、遺伝的要因と環境要因の両方が関与していることが示されています。

喘息の両親がいる子供は、自分で喘息を患う可能性が高くなります。 実際、片方の親が喘息を患っている場合、 25の%の確率 彼らの子供もそうするでしょう。 あなたの両親が両方ともそれを持っている場合、このリスクは50%に上昇します。

遺伝子の影響はで強調されています 双子の研究、喘息は、その状態と遺伝的に近い親族を持つ人々で発生する可能性が高いことがわかっています。 一卵性双生児の場合、両方の双子が喘息を患う可能性は、一卵性双生児よりも高くなります。 しかし、それは 75%の可能性 100%保証されるのではなく、環境要因も役割を果たすことを強調します。

喘息の遺伝子はありますか?

喘息は遺伝的ですが、環境要因も関与しています。 他の遺伝性疾患とは異なり、 喘息の遺伝子。 それは世代をスキップすることができるので、あなたの両親がそれを持っていたならばあなたがそれを開発するという保証もありません。 遺伝子研究により、さまざまなものが特定されました 喘息の遺伝子、または強力な役割を果たす遺伝子複合体。 これらには、DPP10、GRPA、およびSPINK5が含まれます。

ゲノミクスは、遺伝子が環境とどのように相互作用するかを研究することです。 ゲノム研究は進行中であり、喘息の複雑さとその発症に関与するさまざまな要因についての貴重な洞察を提供します。 喘息の発生リスクを高める可能性のある環境要因は、屋内と屋外の両方である可能性があります。 たとえば、間接喫煙、空気の質の悪さ、汚染、低温、高湿度にさらされると、すべてリスクが高まる可能性があります。

研究 は、互いに相互作用し、環境要因と相互作用するいくつかの遺伝子の組み合わせが喘息の可能性を高める可能性があることを示しています。

喘息の遺伝的要因

いくつかの遺伝的要因により、喘息を発症するリスクが高くなる可能性があります。

これらを含める:

  • あなたの家族歴
  • あなたの性別。

喘息と家族歴

多くの研究はあなたの 家族歴 喘息の発症の危険因子となる可能性があります。 あなたの両親または兄弟のXNUMX人が喘息を患っている場合、あなたも喘息を患っている可能性が高くなります。 両親が両方とも喘息を患っている場合、このリスクはさらに高まります。 また、湿疹、干し草熱、食物アレルギーなど、他の関連するアトピー性皮膚炎を患う可能性も高くなります。

これは、家族の他のメンバーが喘息を患っている場合に確実に喘息を発症することを意味するのではなく、遺伝学によって喘息のリスクが高まるだけです。 また、親戚全員が喘息を患っていない場合、この状態を発症しないという意味でもありません。

喘息と性別

研究によると、喘息は もっと一般的 若い男の子では、女の子は思春期後に影響を受ける可能性が高くなります。 一部の専門家は、これは男の子の気道が女の子の気道よりも小さく、喘鳴のリスクが高いことが原因である可能性があると考えています。

約20歳までに、喘息の比率は女性と男性で同じです。 しかし、約40歳までに、女性は発症する可能性が高くなります 成人発症喘息 男性より。 女性は男性よりも重度の喘息を患う可能性が高いことを示唆するいくつかの証拠もあります。

遺伝性喘息は治癒しますか?

遺伝性喘息であれ、仕事を通じて煙、ほこり、その他の物質にさらされることによって引き起こされる職業性喘息であれ、喘息の形態は完全に治癒することはできません。 ただし、症状の管理と治療を成功させるために使用できる効果的な薬やライフスタイル対策はたくさんあります。

医師または喘息看護師があなたと協力して、あなたに合った喘息治療計画を作成します。 喘息のXNUMXつの症例が同一であるということはなく、異なる方法で人々に影響を与える可能性があるため、この調整されたアプローチはうまく機能します。

喘息の最新の治療法は、症状を和らげ、症状の発生を阻止することに重点を置いています。 喘息吸入器は一般的にこれのために処方されます。 発生する喘息の症状を緩和するためにリリーバー吸入器(通常は青)を使用できますが、症状の発生を防ぐために予防吸入器(通常は茶色)が処方されます。 場合によっては、組み合わせ吸入器として知られている、両方を行う吸入器が処方されることがあります。

医師は、吸入器をいつどのように服用するかについてアドバイスを提供します。 茶色の吸入器は通常、日常的に使用されますが、特に喘息の症状がより適切に管理されるようになると、青色の吸入器を散発的に使用するだけで済みます。

特に吸入器だけでは症状を完全にコントロールできない場合は、錠剤が処方されることがあります。

吸入器の使用や医師の指導に従って薬を服用することと併せて、あなたが取ることができる実用的なライフスタイルのステップもあります。

これらを含める:

  • 定期的な運動–喘息がコントロールされたら、定期的な運動は有益です
  • 健康的な食事–新鮮な果物や野菜をたっぷり使ったバランスの取れた食事をお勧めします。 太りすぎは喘息を悪化させる可能性があります
  • 禁煙–喫煙は既知の刺激物であり、喫煙をやめることで症状の頻度と重症度を減らすことができます。

将来的には、遺伝的知識と研究の増加がさらに個別化医療の開発につながる可能性があり、 薬理遺伝学 喘息の場合。 これは、喘息の治療法を個人としてより適切に調整できること、および特定の治療法にどのように反応するかを事前に予測するために遺伝子情報を使用できることを意味します。