実際のアレルギーは、ほとんどの場合、大きなタンパク質分子によって引き起こされます。 アレルギーを引き起こす能力があることが知られているタンパク質は、アレルゲンと呼ばれます。 アレルゲンとして知られている環境中の物質は、アレルギー反応の引き金です。 ほぼすべてのものが誰かのアレルゲンになる可能性があります。

最も一般的な原因は次のとおりです。